キリムの店*キリムアートアトリエ
【Kilim Art Atelier】 キリムと絨毯販売
こだわりのキリムで作ったバッグや
クッションカバーも取り扱っています。
キリムの店*キリムアートアトリエ
HOME | お取り引き
について
| 配送方法
と送料
| お支払い
について
| Q&A オーダー
フォーム
お知らせ サイト
マップ


ca104 トゥル/ヤタク

産地 トゥル/ヤタク TULU/YATAK
年代 1960年頃
大きさ 173〜180*111〜117cm
価格 64,000円


羊の原毛を束にしてキリム地に結びつけたトゥルと呼ばれる織物の仲間。
アダナからメルシンにかけての地域で織られた可能性が高いと推察しています。
一般的なトゥルはキリム地にウールの束を括り付けたもの、製後に染色する場合もあれば、染色しない白いままのものも割と多くあります。
これはもう一つ別のタイプ、焦げ茶のウールのベースに異なる色合いに染めたウールの束を結んだもので、大きな魔除けの目をあしらう等、少しデザイン性を意識して作られています。
これらは、ヤタクル(ベッド)という名前の示す通り、その昔、遊牧民が移動生活していた頃、床面からの寒さをしのぐ為、そして、クッション性も兼ねて寝床として使われたものです。
この長いウールの束は、絨毯と違い、表(おもて)面は空気の層を含むウールが山のように横たわり、体の熱をその中に留めてくれるため、寒い冬場には最適で、羊に包まれた様に暖かく感じます。
見た目は重厚そうですが、案外軽くて移動・収納はとても楽です。
また、このトゥルは基本的に糸に紡がないウールの束を結んであるので、オールドながら多少の遊び毛が出ます。
表示サイズはベースのキリムを計測した値で、実際には一回り大きいサイズです。
そして、上下の幅が少し違う為、狭い方を上にした場合、遠近感により最後の画像の様に見えますが、実際の違いはそれほどでもありません。
オールドのトゥルではパイルが擦り切れるのが当たり前の実用品なのに、これは短期間しか使われていない様で、長い毛足がそのままに残っています。




戻る
当サイトの写真・文章・他、すべての情報の無断複製・転用をお断りします。
Copyright © 2011 Kilim Art Atelier. All Rights Reserved.
658284