キリムの店*キリムアートアトリエ
【Kilim Art Atelier】 キリムと絨毯販売
こだわりのキリムで作ったバッグや
クッションカバーも取り扱っています。
キリムの店*キリムアートアトリエ
HOME | お取り引き
について
| 配送方法
と送料
| お支払い
について
| Q&A オーダー
フォーム
お知らせ サイト
マップ
このページは一部トルコ文字で記しているため、文字コードはUTF-8です。


fc162 マラティア・チュアル

産地 マラティア MALATYA CUVAL
年代 1920年
大きさ 100*70cm
価格 ご売約済み ありがとうございます


完璧な保存状態を誇るマラティアチュアル。
未使用ではなく、短期間使用した後、仕舞っておかれたものです。
上下2本のコロンが無傷で残っているのは勿論、小さなタッセルまで欠ける事なく現存し、配色/デザインといいコレクションに相応しい一品。
スマック部分はこの地方独特の表面が浮き上がるように織り込まれているタイプで、シナンのスマックにお馴染みのもの。
ただこれはそのシナンよりも緻密に織り込まれ、その絵面(ドラゴン/サソリ模様)はより複雑化し、色合いは一段と変化に富んでいます。
実はこれシナンと同じヤズハン“Yazıhan市”のドゥリジャン“Drijan”族によるものとされ、当地の一大部族であった彼らの作品は大抵良い仕事をしています。

ただ、こういうものはもう市場に流通していません。
カイセリ地方で3~4代続くキリム屋の主人、自身がキリムを心の底から愛し、全ての地域の一番だけを集めていると豪語する彼がコレクションとして持っていたものです。
キリム通の彼は、古い物は勿論、アンティーク一歩手前のものであっても、保存状態や色合いデザイン性と言った総合性で見極め、心惹かれる品々だけを集めています。
ただ、規模の小さな彼の店は在庫が入れ替わる程の商いはなく、3度目位の訪問で何も目ぼしいものが無くなり、キリム歓談だけで帰ろうとしたところで、これを出してきました。

最後の画像は袋の裏側で、表面では退色した赤紫色が濃いままに残っています。
この色合いは茜の触媒を変えるなどして出て来る色であり、その気になれば太陽光に晒して表面と同じ色合いに退色させることも容易ですが、敢えてこのままでご紹介します。




戻る
当サイトの写真・文章・他、すべての情報の無断複製・転用をお断りします。
Copyright © 2018 Kilim Art Atelier. All Rights Reserved.
135