キリムの店*キリムアートアトリエ
【Kilim Art Atelier】 キリムと絨毯販売
こだわりのキリムで作ったバッグや
クッションカバーも取り扱っています。
キリムの店*キリムアートアトリエ
HOME | お取り引き
について
| 配送方法
と送料
| お支払い
について
| Q&A オーダー
フォーム
お知らせ サイト
マップ


fc114 シブリヒサル・キリム

産地 シブリヒサル SIVRIHISAR KILIM
年代 1905〜1910年頃
大きさ 225*162cm
価格 580,000円


鳥人エリベリンデ模様で広く知られるシブリヒサル。
ほとんどのシブリヒサル=昨今の短くリメイクされた物ではないオリジナルのキリムは、4mを超えるロングサイズのチフカナットで織られ、大判なりの見応えがありますが、細長く少し取扱いに困るのも事実。
その為、幾度となく素晴らしいアンティークを見つけても中々買い取る事はありませんでした。
ただ、これはその様な見慣れたシブリヒサルとは違い一枚物のキリム、それもお祈り用の小さなサイズでもなく、珍しいカリヨラサイズ。
その巧みなデザイン構成と配色のお陰で、大判の三連メダリオンと比べても遜色ないばかりか、シングルメダリオンなのにこちらの方が綺麗だと感じます。
メダリオンには青色と水色、コチニール由来の赤色は二回りもあり、アプリコット色は遠慮がちに外周の境目に少しだけ使われ、コントラストの効いた白いコットンが綺麗なダイヤ形を描いています。
一枚物キリムにしたお陰で、チフカナットの接合部分や連続性に注意を払うストレスから解放され、エリベリンデ模様は、本来あるべき姿、互いに抵触するくらい大きめに悠然と描かれ、フィールドの下地に黒が使われている事に目がいきません。
また、よく見て頂ければギザギザ模様の輪郭がクッキリ綺麗に出ていると気が付きます。
これは極薄タイプのキリム、やや厚みのあるのが特徴のシブリヒサルにはとても数少ないタイプなので、余計にエリベリンデ模様が引き立って見えます。
これらを引き立てているのが、シブリヒサルには珍しい薔薇又は紋章のボーダー。
遊牧民系のキリムのシブリヒサルには、羊の角、ベレケット模様や流水模様がほとんど、むしろこれは、県境を接するコンヤ県のデザイン。
細部に使われているなすび色や一部の濃い緑色は間違いのない年代の証し、もう少し古い年代があるのではないかとさえ感じます。
上下の房の部分は、オリジナルの経糸を切り揃えずそのままに残しています。
小綺麗に見せかけるため、通例、上下の赤い縞をほとんど抜き去って長めの房を出して切り揃えますが、これは浸食や破損がなかったため、敢えてオリジナルのままに残しています。
なお、このシブリヒサルは未使用ではなく使われたキリム、白地のボーダーには経年による多少のくすみは避けられない事を了解下さい。



戻る
当サイトの写真・文章・他、すべての情報の無断複製・転用をお断りします。
Copyright © 2012 Kilim Art Atelier. All Rights Reserved.
6058