キリムの店*キリムアートアトリエ
【Kilim Art Atelier】 キリムと絨毯販売
こだわりのキリムで作ったバッグや
クッションカバーも取り扱っています。
キリムの店*キリムアートアトリエ
HOME | お取り引き
について
| 配送方法
と送料
| お支払い
について
| Q&A オーダー
フォーム
お知らせ サイト
マップ


fg10 マラティア・シナン・ヘイベ


産地 シナンヘイベ SINAN HEYBE
年代 1890〜1895年頃
大きさ 148*79cm
価格 120,000円
※他のヘイベと価格を取り違えていた為、本来の価格に直しました。
(表示価格は、訂正後です。)

このヘイベは修理も可能でしたが、修理を行った場合は、損傷のないヘイベと同等の価格になるので、現状のままで取り寄せました。
ヘイベの断片ではなくほぼ完璧な形で現存していますから、オリジナルのヘイベとしての趣きを存分に堪能できます。
画像では明暗が強調されてややくたびれたように感じますが、実物を見るとダメージはあっても、見違えるくらいによく現存しています。

シナンヘイベはどれも一つ一つ表情が違い、不思議と損傷のある物ほど素晴らしい作品が揃っています。
圧巻なのはその配色。
やや統一された色調が好んで使用されるシナンヘイベにあって、これほどに色彩豊か、特に150年前の物のように均整の取れた豊かさではなく、多くの変調を伴った豊かな色彩はお見事です。
トルコ語で、色は“renk(レンキ)”と言い、特にこのように色とりどりな様子を“renga renk(レンギャー レンキ)”と言うお決まりの言葉があるくらい好まれ、多くは遊牧民の装飾品にそのような特徴が良く出ています。

ヘイベとして見た時にはさすがに損傷はあるものの、その威厳は衰えるどころか、シナン特有のドラゴン模様は迫力ある絵姿で圧倒します。
その競うような装飾性の高さを象徴するように、随所に銀糸が使われています。
観賞用とするのであれば、下手に修理するよりも、オリジナルの形を留めているヘイベであればこのままの方が綺麗。
草木により染められたウールは糸の芯まで良く染まり、使い込まれる事で余計な毛羽がそぎ落とされ、褪せることのない輝きを放っています。
※このシナンヘイベには特徴的な青緑色が使われ、綱紐の切れた所等、染められた当時そのままの強い色合いが見られます。
fg9にも似た色があり、太陽光に当たる事で実にマイルドな青色に変わりますが、元々はこのような色合いをしています。
120年以上前のレイハンルにもしばしば見られる色で、見慣れた人に取っては定番ですが、初めてご覧になられた場合少し違和感を覚えるかもしれませんが、間違いなく天然色です。




戻る
当サイトの写真・文章・他、すべての情報の無断複製・転用をお断りします。
Copyright © 2009 Kilim Art Atelier. All Rights Reserved.
161512