キリムの店*キリムアートアトリエ
【Kilim Art Atelier】 キリムと絨毯販売
こだわりのキリムで作ったバッグや
クッションカバーも取り扱っています。
キリムの店*キリムアートアトリエ
HOME | お取り引き
について
| 配送方法
と送料
| お支払い
について
| Q&A オーダー
フォーム
お知らせ サイト
マップ


fg41 シナン・絨毯

産地 シナン SINANLI CARPET
年代 1915年頃
大きさ 100*47cm
価格 ご売約済み ありがとうございます


ご存知シナンのヤストック絨毯。
マラティアのものですが、マラティアでは見つからず、カイセリで買い取りました。
長年に渡り太陽光を浴び続けた表面、特に赤色は紫外線によって退色していますが、これは間違いなく天然色です。
オレンジに見えるものも、化学染料ではなく、茜の2番染又は触媒を変えたもの。
濃紺の背面に描かれた上段のサソリ模様の縁取りは、古い天然の黄色です。
表面は退色しているので色の変化が分かり難いですが、裏面を見ると実に多彩な色合い、同じ赤色でも、元々はこんなに濃淡があったのかと分かります。
色むら御構い無しどころか、意図して色むらを作り出しているこのシナンには色の違いに関して些かも躊躇はなかったでしょう。
飾りとするのであれば、こうして裏面を見えるようにしておくのも一考です。

しかし、このヤストックの1番のお勧めは天然色でも、クルディシュなデザインでもありません。
それは、極上のウールです。
カイセリでこれを見つけた時、「あぁ、シナンだね。」と言い、それで終わるはずでしたが、払い除ける時の触感に驚きました。
また、入荷した後、念を入れて私自身で水洗いし、大体乾燥したところで、表裏をひっくり返して最後の日干しを行い、乾いたので、元に戻そうと絨毯部分をつまむと、重力だけで自然と手からすり抜けていこうとします。
こんなに柔らかい毛並みの絨毯があるものなのだと、驚いた次第です。
裏面には、ブラウンのキリム。
これ自身、全く珍しいものではありませんし、穴だらけです。
しかし、このウールもまた凄く柔らかい。

この表示価格は、現状渡しのものです。
絨毯の破損部分に、見えないようにかがりを入れる場合は、追加料金が発生します。
この「縫い」は一般の房止めとは違いますが、房止め効果があります。
アンティークのコレクションの端を保存する時等に使う手法で、房止めより手間がかかる手法です。
(破損部分の周囲をかがるだけで、見た目は変わりません。)

なお、撮影した後で洗ったせいもあり、実際にご覧になると掲載画像より色合いに気持ちメリハリが感じられます。
古い物の価値が分る方であれば、これを手にして気に入らないと思われる方は無いはずです。



戻る
当サイトの写真・文章・他、すべての情報の無断複製・転用をお断りします。
Copyright © 2018 Kilim Art Atelier. All Rights Reserved.
46