キリムの店*キリムアートアトリエ
【Kilim Art Atelier】 キリムと絨毯販売
こだわりのキリムで作ったバッグや
クッションカバーも取り扱っています。
キリムの店*キリムアートアトリエ
HOME | お取り引き
について
| 配送方法
と送料
| お支払い
について
| Q&A オーダー
フォーム
お知らせ サイト
マップ


M070 ピロット・キリム

産地 ピロット PIROT KILIM
年代 1940年頃
大きさ 200*141cm
価格 ご売約済み ありがとうございます


オールドのキリムとして十分な年代のあるピロット。
仮にあと5年、10年古いものであったなら、通常店ではアンティークと名打って売られる位の上物。
シャルキョイ譲りの良質なキリムは、遊牧民が生産の主体となっていたアナトリアと違い、今で言う工房に近い専門家集団が作り上げたもの。
糸に紡ぐ所から、染色、織りの工程それぞれに分業化が進み、最盛期には染色の為だけに職人が雇われ、工房毎に腕を競っていました。
時代の移り変わりと共に工房方式の生産は廃れていきましたが、ある程度古いものはその伝統手法 が受け継がれ、糸質から織り〜染めに至るまでシャルキョイを彷彿とさせる品質を保ち、極力色むらの出ないような彩色がなされているので、それらを頼りにした年代の把握は困難です。
言い換えるなら、もう少し古い年代のものと表示しても疑う事すらままなりません。
それでも厳密に年代を踏んでいるのは、ピロットの各家庭を訪問して実際にこの年代のキリムに触れ、いつ、誰が織ったものか見聞きしてきたためです。
お勧めのポイントは、前述の通りの品質の良さ、細工が細かく造り込みが見事、画像だけでもその違いが見て取れると思います。
黒い縁の装飾一つ取っても手が込んでいますし、同じ模様を規則正しく繰り返す事によって生み出されるバランス、統一感は脈絡と受け継がれてきたピロットのスタイルならでは。
色彩面では、華やかさの感じられる色合いが用いられ、気持ちオレンジ系が多いかなという感じ。
勿論、バルカンシープ特有の柔らかいオールウールのキリムはとても肌触りの良いものです。
丁度2mの長さに幅もあり、ちょっとしたルームサイズの古いピロットが今この価格で提供出来るのは、ソフィアまで出掛けて買い付けたため。
品質も上々で、文句の付けようのないキリムです。




戻る
当サイトの写真・文章・他、すべての情報の無断複製・転用をお断りします。
Copyright © 2016 Kilim Art Atelier. All Rights Reserved.
145