キリムの店*キリムアートアトリエ
【Kilim Art Atelier】 キリムと絨毯販売
こだわりのキリムで作ったバッグや
クッションカバーも取り扱っています。
キリムの店*キリムアートアトリエ
HOME | お取り引き
について
| 配送方法
と送料
| お支払い
について
| Q&A オーダー
フォーム
お知らせ サイト
マップ


om870 ドゥーバヤズット・キリム

産地 ドゥーバヤズット DOGUBAYAZIT KILIM
年代 1935年頃
大きさ 181*105cm
価格 58,000円


トルコのイラン国境近くの村で織られた衣装袋(マフラッシュ)のメインパネル。
真ん中の模様の無い部分、縞模様のキリム部分を底又は天井にして箱状に組み立て、綺麗なスマックのパネルが横になりますが、横(小さな方)のパネルはありません。
推定される産地は、アール県の東の端、アララト山の麓の町ドゥーバヤズット周辺一帯。
昔のカルス県と呼ばれた地域から良く見付かったので、カルスと呼ぶ人も多くありますが、より狭い地域に限定したなら大体この辺りです。
イラン国境付近のクルドの村で織られたこのマフラッシュは、当時の物流に沿って一度イランへ流れ、他のバクティアリのヘイベ等と共にイランからトルコに入ってきました。
とても仕事が良く、織り目の整った様子、落ち着いた色合いは応分の年代の証。
このキリムの織られた地方、国境周辺は貧しい人々や政権から距離を置きたい人達が多く居住し、学校教育などの十分な公共サービスも受けられません。
その上、夏は暑く、冬は極寒の地です。
皮肉にもその事によって伝統文化が長らく受け継がれ、他の土地より20〜30年くらい前に遡ったように、草木から染める伝統の業も受け継がれていました。
デザインはこの地方に共通のものに、イラン風のボーダー模様が特徴。
六角形の蜂の巣状のセルの中には、エリベリンデとその中心にベレケット模様、織りが緻密な為、模様のエッジが鋭角に現れ、スマックの表面は見事にフラット。
大事な衣装が濡れないようにするためでしょうか、水も漏らさないような密な織り。
製法/使用上、きつく縫い合わせて使われる為、多少の変形はつきもの、また、縞模様キリムを底(下)にして置くので、底部には必ず汚れがあります。
もちろん、きちんと洗った上で残る汚れです。
安価な価格設定にしていますので、その辺りはご了解下さい。




戻る
当サイトの写真・文章・他、すべての情報の無断複製・転用をお断りします。
Copyright © 2012 Kilim Art Atelier. All Rights Reserved.
626058