キリムの店*キリムアートアトリエ
【Kilim Art Atelier】 キリムと絨毯販売
こだわりのキリムで作ったバッグや
クッションカバーも取り扱っています。
キリムの店*キリムアートアトリエ
HOME | お取り引き
について
| 配送方法
と送料
| お支払い
について
| Q&A オーダー
フォーム
お知らせ サイト
マップ


om970 クルホユク・キリム

産地 クルホユク KURUHOYUK KILIM
年代 1935〜1940年頃
大きさ 170*109cm
価格 ご売約済み ありがとうございます


素晴らしいクルホユクの祈祷様キリム。
典型的なデザインでも、保存状態・色合い・デザインとい、ここまで完璧なものはそうはありません。
もっとも、私のサイトを見る限り、それは真実ではないように思えてくるかもしれません。
実際の所、このグレードになると、年に一枚良いものがあれば良いくらい、但し、そのほとんどが何かしらの問題があります。
一番多い問題は、使用により侵食されたボーダー部分、ほぼ半数はこの段階で涙を呑んで選外にしていますが、オールドの祈祷用キリムがお祈りに使われるのは当たり前の事で、それに注文を付けていたら、正直、何も買えません。
その後、クリーニングと同時に太陽光に当てて戻ってくると、使用によって付着していた汚れがよりはっきりと現れたりするので、それらを全部キャンセルしています。
当然、掲載できるのは未使用、又は、それに限りなく近い状態のものばかり。
そして、これは正にその厳しい査定を潜り抜けてきただけあり、文句の付けようがありません。
一番損傷し易い下端のボーダー部分、特に何の意味もないような白いラインの残るスカート部分ですら、その事情を知っているだけに、これすら愛おしく思えます。
その上に、この素晴らしいボーダーとフィールドの組み合わせが置かれているのですから、悪い所がある筈もなし。
定番のオレンジのボーダーには、これまたお決まりの色むらが施され、少し黄身に近い所もあり、それなりの年月を経てきた物だと想像できます。
黒っぽく見える部分でも、濃淡がある他、故意にえんじ色がミックスして使われています。
特に見事なのは、生命の木のボーダー部分、境界線の櫛模様を生命の木の幹に見立ててあります。
そして、ミフラブ外延部、この赤は、上端では青紫との切り替えが行われ、ミフラブ背面を赤色に彩る巧みさ、クルホユクに特徴的な櫛模様に取り囲まれた緑のミフラブはただただ感心するのみ。
薄手のキリムなので、付加の少ない場所でのご使用により、末永く良い状態で堪能頂けます。




戻る
当サイトの写真・文章・他、すべての情報の無断複製・転用をお断りします。
Copyright © 2014 Kilim Art Atelier. All Rights Reserved.
168