キリムの店*キリムアートアトリエ
【Kilim Art Atelier】 キリムと絨毯販売
こだわりのキリムで作ったバッグや
クッションカバーも取り扱っています。
キリムの店*キリムアートアトリエ
HOME | お取り引き
について
| 配送方法
と送料
| お支払い
について
| Q&A オーダー
フォーム
お知らせ サイト
マップ


os820 ムット・キリム

産地 ムット MUT KILIM
年代 1960年頃
大きさ 104*85cm
価格 ご売約済み ありがとうございます


これまでのツートンカラーのキリム&ジジムとは別のタイプのムット。
より強度のあるスマックで装飾面が織られ、ワイドな縞にギョル(紋章又はバラ模様)が好んで使われます。
そのバラギョルはとても精巧に同じパータンが繰り返され、ドラゴン模様も兼ねているように見えます。
ギョルの中心部にある矢印模様は、矢じりを現す護符模様の一種、三角模様共々イスラム圏で頻繁に見られます。
真ん中のベレケット/エリベリンデ模様は、アナトリアの袋物のキリムに共通して使われるデザイン。
細長い形のチュアルが多い中で、これは幅があって容量も大きい物なので、重さに対応できるようスマックが使われたのでしょう。
両端までしっかりと埋められたインパクトのある大きな模様のせいか、袋物のキリムという感じが薄れ、普通のキリムのよう。
赤系統の統一した色合いをメインに使い、きっちりと織られているせいか、ムット特有の牧歌的な装いはほとんど影を薄めています。
下部に見られるやや淡い赤色のむらが、唯一の変調かもしれません。
このタイプの多くは経糸に山羊の毛が使われますが、これは黒羊のウールです。




戻る
当サイトの写真・文章・他、すべての情報の無断複製・転用をお断りします。
Copyright © 2012 Kilim Art Atelier. All Rights Reserved.
38