キリムの店*キリムアートアトリエ
【Kilim Art Atelier】 キリムと絨毯販売
こだわりのキリムで作ったバッグや
クッションカバーも取り扱っています。
キリムの店*キリムアートアトリエ
HOME | お取り引き
について
| 配送方法
と送料
| お支払い
について
| Q&A オーダー
フォーム
お知らせ サイト
マップ


tz4 バクティアリ

産地 バクティアリ BAKHTIARI
年代 1950〜55年頃
大きさ 胴体:28*25p 房:75p
価格 ご売約済み ありがとうございます


バクティアリ族の小物入れ。
シングルのタッセルが付いた物は割と見掛けますが、このツインの物は余り無く、装飾性を意識したタッセルに興味が湧きます。
そのタッセルから伸びる紐に付いた真ん中の白いものはシャツの様な素材とボタン。
その昔、ボタンは貝殻で作られ、貝殻そのものは通貨の代わりにも使われた物なので、その名残り。
また、タッセルから伸びる紐は、真ん中だけが平たいキリムの様になっていて、わざわざこの細工をする為に変えたのだと分かります。
タッセルそのものは装飾用、目立つために使われた化繊の糸は退色が中々進まないので若く見えがちですが、総天然の袋物にこの手のタッセルが付いている事も珍しくはありません。
この袋も多分その一つ、◇の目の模様に使われている色は青緑では無く、もっと古い時代の濃紺色と黄緑の天然色です。
フィールドには、赤色とオレンジが混在して使われ、このオレンジのみ天然かどうか定かではありません。
ただ、これを手洗いした際、色移りしない洗剤を使っているせいもありますが、色素が思った程流れ出て来なかったので、天然由来の色素が使われていると感じました。
袋表の内側を撮影するのを忘れましたが、スマック/スザニ織りした立派なキリムで出来ていて、それがこなれて柔らかくなっています
袋の上の口の部分、手が当たる部分が擦れて少し経糸が見えているように、ここから手を入れて中の物を出し入れしていました。
聞いた話では、裁縫道具等のいろいろな小物入れに使っていたそうです。
これにぶら下げる為の紐はありませんが、これこそ壁から吊り下げて鑑賞する等の利用が向いています。




戻る
当サイトの写真・文章・他、すべての情報の無断複製・転用をお断りします。
Copyright © 2015 Kilim Art Atelier. All Rights Reserved.
90